スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ORTステージ4 音読中

まとめページが最近の唯一の更新ですが…それすらも面倒がっているうちに恐ろしい広告が…

これって罰ってことなんですね。これが出ないためだけに有料にしたいぐらい…この広告いやですわ…。
なんで消すためにまたお手軽更新しておきます。


我が家では長女(現在8歳)が2歳ぐらいのときからORTを読みはじめました。当然当初は親が読むのですが…ステージ1は字なし絵本で…英語の素養のない親には非常にハードルが高く…結局模範音声を流して眺めていた状態です。その後ステージ1+ステージ2ステージ3と読むというか眺めるというかしてきました。ちなみに大嫌いながらも中学高校大学と一応英語の学習をしてきた人間のレベル的にはステージ3が妥当のようでした。多読なんかでもこのステージ3ぐらいからがおすすめされてたように思います。簡単に読めるけど、センテンスで読んだ感もあり、適当なオチもついててて結構おもしろいのです。(ステージ2と3の違いとか…正直あまりよくはわかりませんが)

そしてこのブログを始めたぐらい(長女5歳)からはCTP絵本の消化(笑)に入り、ORTはしばらく封印しておりましたが…今年に入り東京ORTの会に参加したのをきっかけに、また読みはじめました。会では一回一冊を読み、簡単な質問などをもらい、ワークなどをやり、宿題で音読20回(目標)とかあるので、家でも就寝前の5分で、ORTの音読を行っています。うちの長女は前期ステージ3、そして現在ステージ4の会に参加しているのでそれに準拠して読んでいます。

このクラスに入るぐらいから、長女は文字から音読をするようになりました。(それまでは耳コピ)ちょうど就学して日本語も文字から音読するようになったのと同じで日本語英語どちらにも共通するやはり年齢的な文字認識の発達ってあるのでしょうかね。といってもサイトワードとかちゃんとやってないし、フォニックスもなかなか単音以上に進んで行かないので、すごい発音しますけどね。…そういうときは音源聞かせて修正します。

Oxford Reading Tree: Stage 4: Stories: Pack of 6Oxford Reading Tree: Stage 4: Stories: Pack of 6
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る



こちらのシリーズを会に合わせて一か月1冊…半年でこちらのパックが終了のペースです。多読というのにはなんともゆっくりですが…今のところはこのぐらいのエネルギー投下がちょうどいい(親も子も)なので…このペースでいきたいと思っています。あ…と公文の英語もやっていますが…こちらは勝手にやってくれるので…私がエネルギー投下する必要はなし。

2000時間達成したらオンライン英会話でもと思いつつ…すでに半年…こういうことってほんと勢いが大事ですね。中々手が出せません。ま…今のところ英語とは細くゆるゆる…でも切れないでつながっていればいいかなあというところです。
スポンサーサイト

2013年サイパン旅行

今年もまた行ってしまいました。サイパン…

サイパンには綺麗な海と魚を求めていくだけですので…ほんと英語のことは考えていなかったのですが…多少の英語学習的なこともあったのでメモしておきます。


宿泊したホテルはフレンドリーなので、何かしら話しかけてきます。長女にもあいさつとフロントでルームキーの受け渡しだけはやってもらいました。まあこれはしゃべってるとも言わない段階ですがね。

ちなみに長女も次女も、サイパンで私たち夫婦がインチキ英語を話していることについては怒りません。(たとえ部屋でつたない会話をしていても)これも特記事項としておこう。

そして自由人次女はやはり今年もベイビー扱いで、スタッにチューされまくり…せっかくホテルのビーチで遊んでる家族をおいて、ホテルのキッズコーナーにまっしぐら。それってもっと小さい赤ちゃん(はいはいとかよちよちとか)のための場所だと思うのですが、誰もいないキッズコーナーでスタッフに沢山遊んでもらっておりました。もちろん英語…そして次女は一言も英語を発しませんが…げらげら笑いながら超テンション高く遊んでいます。(この時長女は海でシュノーケリング真っ最中…なんとなく惜しいような…)まさにこれが英語で遊ぶ効果なのか…この次女なら今なら、英語の幼稚園にぶち込んでも問題なしなのかも…と一瞬またできもしない妄想が頭をかすめました。

まあ…今回、お金もかからず、マンツーマンで(いや…時々おもしろがって2,3人集まってきてうららさんにも話しかけてきて…大変~)1時間近く遊んでもらったので(どんだけ遊んでもらってるんだ次女!)こういうものなのかというおためしができておもしろかったです。っていうか…せっかく海にきて、ボールプールで遊んでるのってどうなのよ!rって思えば…そんなに喜んでもいられないですが…思わぬところで思わぬネタが拾えました。

毎年サイパンっていうわけにもいかないのですが…(うちは一般家庭)でもなんか…また行きたくなる不思議な魅力のサイパンです。

サイパン留学(半分遊び?)とかあったら行ってみたいな…自分が…これもすべて仕事引退後の野望としてとっておきます。

2013年夏休み「Itty Bitty Phonics」音読

2年ぐらい前に、なんかのセールで衝動買いしたこちらの本…画像は赤しかありませんが、青と緑の箱もセットになった、確か36冊セット。


Itty Bitty Phonics Readers, Set 1: ConsonantsItty Bitty Phonics Readers, Set 1: Consonants
(2003/07)
Rozanne Lanczak Williams

商品詳細を見る



長女が年長のころ、フォニックスを勉強するぞ!と思ったときに使ったのですがこちらは2冊ぐらいしか続かず、お蔵入りになってたので、せっかくだから今更ながらこちらの本を一日一冊読むという目標を勝手に長女2年生夏休みの目標に加えてしまいました。

朝のかけ流し時間にこちらのCDを流し、夜に一、二回、範唱したあと自力で読む。


一冊ごとにターゲットサウンドがあってBの本ならひたすらBの単語が出てきますので、音はすぐに覚えられます。しょうもない話ながらかろうじてストーリーもあるので、今までの暗唱のように毎日繰り返し読むには苦しくても一日一冊読む分にはふ~んという感じで読めて…簡単なのでさくさく読んでいけます。

なんとなく今が、この本を多読っぽく(多読~?恥)読んでいくのにちょうどよい長女の状態のような気がします。当初の目的では夏休み40日あって36冊なら余裕で完読~と思ってましたが…中々そうもいかず…


夏休み終了時点で…14冊読了


ですが…あと4冊で赤の本読みおわるからそこまではやろう…。本人と私は結構やってたつもりですが…数えてみると意外とあまりやってなかったのね…まあ何もしないよりはましでしょう。残りの色の本も長期休み…また冬や春のイベントとしてやれば、2年生中には終われそうな気がします。

英語学習時間2000時間達成してみて

2010年8月に410時間英語学習したところから始めた当ブログ

次女育児休業中の暇にまかせて無理やり長女をプリスクールのサマースクールに送り込んで玉砕してきたことから始めたブログでした。

そしてその1年後ブログ一周年記事の時には1000時間を達成していました。

一応英語学習は2008年1月から始めたことになっており、2010年8月にブログを開始するまでの2年半で400時間だったことを考えればかなりの進歩でした。

その後2012年8月の二周年はすでに記事はなし(苦笑)公文の英語を始めていてその時の記事が残っておりましたが…その公文様様で、なんとか英語を継続することだけはできておりました。

そして…2013年6月末に長女英語学習時間2000時間達成となりました。



2000時間の内訳
(内訳集計は2011年11月からなので、おおよその概算値となります)


英語教室        …19%…  382時間
英語CDかけ流し    …62% …1264時間
公文英語他英語ワーク等 …13% … 266時間
英語絵本音読      … 5% … 100時間
英語DVD視聴     … 2% … 33時間 


こんな内容となります。圧倒的にCDかけ流しで時間を稼いておりまして、これがなければまだ1000時間も満たないというところが英語力の効果が見えない原因のような気もします。

ええ…ほんと…この子英語やってるかどうかなんて絶対傍からはわからないと思いますよ。マジで。多少公文英語で英語を読むのが流暢だとかはありますが…そのぐらいなものです。


色々読んだ本の中でも大量のインプットに加えて、インプットよりは少なくてよいが、蓄積したものを自分の言葉としてアウトプットすることが必要だと述べられており…確かに…うちはインプット(どのくらいされてるかは不明)は一応していても、自分の言葉として使用する機会が圧倒的にないのがこういう結果なのだと思います。

最近の親子英語ブログ村で話題の親子の語りかけ…私はできませんやりませんが…これは子どもの性格によりますが、やはり一定の効果はあるように思います。(ブログを通じてリアルに話すお子さんとも会えたので一応は実証があります)ネイティブでない親の語りかけでもある程度までは伸びるのは、親という自分の生存に必要不可欠な存在の言葉だから、インプットの効率はとても高いし、なんとかして伝えようというアウトプットの必要性も高く…言葉としての優先順位が高くなるからだと思います。

んでうちの娘たちは(上も下も)この手間を大変厭い逆キレ。

語りかけは…親子英語では推奨アイテムの様にはなってますが…英語学習全体から考えてみれば、親が英語話さなくても英語が話せるようになる人は沢山いるので、まあこれはなくてもいいのだとは思います。


本人が必要と考えて聞き取り…必要なことを伝えようとする機会があれば。

そしてそれをある程度の時間数繰り返すことが必要なのでしょう。


そうだった…このブログを始めるにあたって参考にした本「絶対我が子は英語のできるに」の記事ですでに書いたけど…この2000時間は対人でやるべきものであり、かけ流しを時間数に含めたのは、ほとんどうららさんの独断でした。

ちなみに…これならできると始めたうららさん家のやり方本「赤ちゃんからの英語レッスン」…こちらの英語絵本100冊暗唱メソッドに基づけば…かけ流し2000時間と暗唱100冊(一応どちらも達成したんだ…)で、英語の回路の基礎はできたということになるようです。

ただあくまで基礎なわけでして、これで話せるようになる…などとは一言も書いてません。なんでどちらの本にしろやっぱりそのとおりの結果となりました。

当初のブログ記事によれば、英語の下地作りという観点で始めたようでして…だったら当初の予定は充分達成と思われます。

メソッドを完了し…英語の基礎回路ができたと思われる長女…(表からはまったくわかりません…そう祈るのみ)これから、絵本の自力読み、会話などを通して、その回路を運用していくようにするのが次のステップかと思います。これを臨界期をまたいで行えば、幼少期の働きかけも無駄にはならないってことでしょうかね。臨界期…何気にもうあと1年ぐらいなので…これはこのペースのまま…細々ですがやっていけそうです。

アウトプットの手段をもう少し考えつつ…今までのやり方は続け…そして…いつの日かブレイクスルーは来るのかどうか…もう少し英語やってみたいので…これからも英語とこちらのブログも細々とではありますが続けていきたいと思います。

3年間どうもありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。

2013年3月~6月長女英語学習時間数とまとめ

2013年3月~6月 4ヶ月分の時間数は
180時間

◆内訳◆
英語教室     2時間
CDかけ流し等  178時間


長女音読冊数語数

50冊 3869語

累計 491冊  46823語 




長女7歳9ヶ月~8歳0ヶ月 

使用教材

★メイン英語絵本CDかけ流し
ORT stage3
★英語DVD
なし
★絵本読み
ORT絵本
★英語教室
なし
★英語ワーク他
公文英語


◆英語イベント

ORT絵本の会





現状…毎月一回英語サークル→ORT絵本の会が長女唯一の英語アウトプットの場であるのですが、この間はピアノ関連が忙しくて、2カ月連続参加できず…もはや我が家の英語熱は燃え尽きる寸前。ですが…ここはそこまで見越した(いや…単に自分がものぐさなだけ)うららさんのシステム化の勝利でしょうか?自動的に学習が進む(もちろん長女がやるのだが)公文英語制度を取り入れていたおかげで、最低限毎日英語に触れてはおりました。そして…おや…なんとこの公文英語でがりがり学習していた時間もカウントしていたら…なんといつの間にか2000時間達成しております。

前回の記事で…とほほな感じの長女の英語発話なんか聞いてると、到底2000時間達成だやったぜ!とは思えない状況で…正直…ダメなサンプルの代表だとは思います。

でも一応この2000時間の内訳を見てみると…(下に書いてあるのだが…よく考えると見にくいレイアウトだわ)英語教室が382時間…英語かけ流し等が1664時間…これは公文英語を含む音読等の学習も入ってますが…いわゆるかけ流しが70%を占めています。

なんでほぼ…かけ流し時間で水増しした結果ともいえ…果たしてこれが、2000時間の学習時間かと言われると怪しい限りです。いや…ほんと成果もみえないし…なんとも言えない状況です。

とはいってもやはりかけ流しはきっと無意識の中の土壌作りには役立っているはず…なのでそれはそれで続け…かつもう少しそれを形にすくいあげる機会をもっていければ、英語の下地作りという当初の目的は達成できるのではないかと思います。

というわけで、ブログタイトルはこのままですが…このままずるっと英語は続けていこうと思います。かけ流しをカウントに含めつつも、公文も続けていけば、少しずつ学習時間も増えていくし…いつかハハのやる気がアップすれば英語教室でのアウトプットも増えるかもしれないし…そうすればもう少し効果も見えてくるかもしれません。次の目標は5000時間というところでしょうか…?(もはやいつ終わるかも見当つきませんが)

2,000時間達成の検証記録はまた別記事で書きたいと思います。







2008年1月からの累計時間

2046時間

◆内訳◆
英語教室    382時間
CDかけ流し等 1664時間


2000時間達成!

5000時間まであと
2954時間










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。